【一般歯科】

一般歯科とは虫歯や歯周病についての歯の病気全般の治療のことをいいます。現存する歯が虫歯や歯周病になっていないかをチェックします。「歯がういたような感じがする」「歯がしみる」といった症状は虫歯になっている可能性があります。
虫歯や歯周病といった歯の病気の特徴は、そのまま放置すると徐々に進行する病気で、元に戻りにくい、いわば蓄積的な病気です。蓄積された虫歯や歯周病がある限界に達すると、歯を喪失してしまいます。気になるような症状があれば早めの受診をおススメします。



【口腔外科】
あごの骨、顔面ならびに舌などの柔らかい組織に現れる病気を扱う診療科です。スポーツや交通事故などによる歯の怪我、「口が開かない」・「顎を動かすと痛い」といった顎関節症、「口臭がひどい」「口の中のできものが気になる」といった症状があればご相談下さい。
また当院では口腔がんのチェックも行っています。

【訪問歯科】

歯科医院に通院したくても出来ない方のためにご自宅や施設に伺い歯科治療や口腔ケアを行うのが訪問歯科です。歯科器材をご自宅に運んで自宅内で入れ歯の調整や修理、作製のほか、抜歯や虫歯治療などを行います。在宅介護の場合、体の清潔には気を使うものの、口の中のケアはつい後回しになりがちです。
口の中の環境を整えることにより口の中の細菌などが誤って肺に入って発症する誤嚥性肺炎を予防しましょう。



【小児歯科】
小児歯科とは成長発育期にある子供の虫歯の予防や治療を行う診療です。単に虫歯の治療を行うだけではありません。歯が生えてきたばかりの乳歯は永久歯に比べ柔らかく、虫歯になりやすいです。フッ素を塗布することで歯を強化することができます。
歯を健康に保つには、小さい頃からの予防が大切です。ご家庭での歯磨き習慣はもちろん、定期的に歯科医院での検診をおススメします。

【予防歯科】

近年、日本でも「予防歯科」が注目されはじめていますが、すでに欧米では歯科医院などで定期健診を受けることが習慣になり、日頃から歯科医師や歯科衛生士と一緒に歯とお口の健康づくりを実施しています。歯磨きには、人それぞれの癖があり、磨けている場所と磨けていない場所が必ずあります。そこで大事になるのが定期健診による歯ブラシ指導と歯のクリーニングです。患者様がご自身で予防できるよう正しいセルフケアについて丁寧にお伝えし、虫歯や歯周病になりにくい口をつくっていきます。



歯と口の健康を守るには、歯科医院での定期的な健診を通じた「プロフェッショナルケア」と、ご自身で行う「セルフケア」の両方が大事です。
しかしながら、きちんとセルフケアを行っているのに、むし歯や歯周病になってしまうという方もいるかと思います。
そこで注目したいのが唾液の存在です。唾液に含まれる成分や菌の数を調べることで、歯と歯茎の健康や口内の清潔度まで調べることができ、いまのお口の中のコンディションをみることができます。

日頃の歯磨きができているか、虫歯ができやすいお口の環境になっていないか、お子さんのお口の状態が気になる方は一度検査を受けてみてはどうでしょうか
検査方法は簡単
10秒間口をゆすぐだけです。
検査結果は5分程度でわかります。
測定結果はわかりやすくグラフにしてお渡しいたします。